Easy tip for outdoor portraits|超かんたん人物撮影のコツ!

Everyone has their own preferences however I try to photograph people outdoors early in the morning or right before (or after) sunset.

This way I can avoid the harsh shadows and ensure even light on the face. Morning light is clear and refreshing. Sunset light, as you may know, is warm and hazy.

This is my son.

I took this photo in the morning around 10am.

Making sure that the subject has his back turned to the sun so that the sunlight acts as a hair light (creating the edge between hair and background).

If you are photographing kids, make some funny noises (my son loves fart sounds) and you are good to go.

Click click enjoy photographing!

個人的な好みになりますが、屋外で撮影をする時にベストな時間は早朝または夕暮れ時です。

日中の太陽が高い時間帯にポートレートを撮ると、顔に強い影が降りてしまうので。

日陰で撮ればいいのだけれど、日中の日陰は光が均等で、のっぺりとした写真になってしまいがちです。

朝の光はとても澄んでいてキラキラしているし、夕暮れ時(日が沈んだ直後)などは空全体が大きなライトボックスの役目を果たして、柔らかいたそがれ〜な写真が撮れます。

下の写真は、朝の10時ごろ息子を撮影したもの。

太陽はモデルの後ろに来るようにすると(逆光)、頭上に光が当たり、モデルと背景を区別する役目を果たすので写真に立体感がでます。

子供なら、ウンコ!などと言うと笑うのでその瞬間を撮りましょう。

headshothirokophotography

Advertisements