NYでバイリンガル育児:英語で説明してませんか?

在米17年、アラフォーフォトグラファー二児の母のひろこです。

NYで生まれて育っている7歳息子と4歳娘がいます。

子ども達にがんばって日本語を教えています。

今日はちょっとバイリンガル育児について書こうかな。

昨日新しい「気づき」がありました。

近所に住む、同じく国際結婚をしたお友達が貸してくれたこの本

「バイリンガル教育の方法 著/中島和子」

IMG_6308
帰国子女の英語と日本語の振り分け方、駐在での日本語教育、国際結婚での日本語教育、などなど、症例がたくさん紹介されててとても興味深いです。

その中で(あ〜。これ自分のことだ)と思ったのは、「子どもが日本語で何かを質問してきたときに、『あ、それは000って意味だよ』と000の部分を英語で説明してしまう」こと。

20180801-7
例えば、、、、

運転中に息子が私に質問。

息子「マミー!あそこのポスターにBENIHANAって書いてたよ。BENIHANAレストランがあるの?」

私「あ、あれね。広告だよ」

息子「こうこく?」

私「うん、Advertisement」

息子「あぁ(なるほど)」

ブッブーーーーー!!!


朝ご飯を作っている時に息子が私に質問。

息子「めだまやき、半熟イヤだからね」

私「じゃあ、きちんと火を通すよ」

息子「ひをとおす?」

私「Cook Wellってこと」

息子「あぁ(なるほど)」

ブッブーーーーー!!!!ブーーーーー!ダメーーーー。


正しくは、

運転中に息子が私に質問。

息子「マミー!あそこのポスターにBENIHANAって書いてたよ。BENIHANAレストランがあるの?」

私「あ、あれね。広告だよ」

息子「こうこく?」

「うん、Advertisement」ではなく
「広告っていうのは、こういうお店があるから来てね〜。って知らせるものだよ」


朝ご飯を作っている時に息子が私に質問。

息子「めだまやき、半熟イヤだからね」

私「じゃあ、きちんと火を通すよ」

息子「ひをとおす?」

「Cook Wellってこと」ではなく
「ひをとおすっていうのは、ひって火でしょ。しっかり火にあてて、卵をかたくするってこと。火を通す。火がたまごの中を通るって意味よ」

が正解だそーです!!


めんどくさっ。

いや〜。

めんどくさっ!


でもこれ実際に、昨日私が息子とした会話です。

いつもは英語で質問の答えを返していたんやけど(英語の方が息子の中のボキャブラリーが多いので簡単)、そこをがんばって、英単語を使わず日本語で説明しました。

そしたら息子、意外と分かってくれた。

しかも嬉しかったのが、そのあともっとたくさん質問がきたし、会話が弾んだんです♪


こんな感じで、だんだんピュアに会話してくれることが少なくなってきているので。。。

 

 


息子はAdvertisementという単語も、Cook Wellという言葉も知っています。

でも、なんでこういう返事をしたほうがいいかというと、

子どもに「広告はAdvertisementよ」と伝えた時、子どもの中では「広告=知らない言葉」「Advertisement=すでに知ってる言葉」となっている。

そしたら、知ってる言葉「Advertisement」の方が強く頭に残って、「広告」という言葉は脳に刻まれないそう。

またいつか街角で「BENIHANA」の広告を見たとしても、頭に浮かぶのは「Advertisement」という英単語であって「広告」という日本語ではない。

イコール日本語のボキャブラリーが増えない。

だそーですーーーーー。

へーーーーー。

こういう風に科学的に分かり易く説明してもらえたら、自分も怠けてしまわず、バイリンガル教育がんばれるような気がしました。

以上!


刺激的なNYでフォトウェディングやファミリーフォト

里帰りができない方々のための「ニューヨークで七五三撮影」

マタニティや新生児フォトなど

丁寧なカスタムポートレートサービスを提供しています。

一生の思い出に残る「アート作品」心を込めて撮影します♥

撮影詳細は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。

hiroko@hirokophotography.com

インスタグラム@hirokophotographyでも随時アップ中。

ぜひぜひフォローお願いします♥


One click captures time and light forever.

The subject matter and surrounded scenery stimulate your senses

visual voices start to whisper to your heart.

Photograph is your history.

I truly appreciate to capture the precious moment of your life.

Wedding | Engagement | Family

feel free to contact to:

hiroko@hirokophotography.com

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s