ニューヨーク前撮り:「写真データ全部ください」いやです。

ニューヨークで唯一無二のウェディングを撮る

在米17年のフォトグラファー

「Hiroko Photography Inc.」のひろこです。


今日は写真の納品についてのお話を。

私は、撮影した膨大な数の写真を1枚1枚精査して、かけがえのない写真、10年後20年後に見返した時に、人生が豊かになるな、と思ったものを残し、それらの写真を色調整します。

その後必要に応じて、フォトショップで、修正を加えたりします。

撮影したまんまの写真はこんな感じ。
(画角がずれてる、青白い、人が邪魔だな、、、突っ込みどころ満載)

ビフォーアフター-1

こういう風に直します。

ビフォーアフター-2
そうやって仕上がった渾身の写真のみを、デジタルデータで納品しています。

納品と同時に、アルバムやフォトプリントなど、紙モノへの印刷を強くおすすめしています。

また、実際にアメリカで一番クオリティの高いフォトラボと提携して、アルバムなどのプリント商品もご案内させていただいています。

が、

たまに、お客様から「加工しなくていいので、撮ったすべてのデータをください」と言われることがあります。

 

あ゛?(イラッ)

 

 

うそうそ。冗談です。笑。

私も同じように思うので。

でも私は「撮影全カット納品」について、こういう風に思っています。


 

プロのフォトグラファーが撮ったままのデータを丸ごとお渡しするというのは、お客様に対してとても失礼な行為です。

 

例えていうならば、フランス料理のシェフが、丹精込めて作った極上の一品。

その一品を作る過程で、生肉を切り落としたり、野菜の皮をむいたりしますよね?

そんな生肉の切れ端や野菜のクズを、極上の一品の上に盛りつけて出すような感じです。


撮った瞬間の写真は、まだ材料でしかないので、極上の一品には程遠い。

なので、撮ったままのデータはお渡しできません。


「格安 海外フォトウェディング」などでグーグル検索すると、$500ぽっきりフォトツアーなど、格安撮影プランが検索上位にあがってくると思います。

当たり前ですが、カメラ好き留学生や趣味で撮っている人が、撮影を担当しています。

$500ぽっきりの撮影で生計は立てられないので、もちろんアルバイト感覚です。

きっとウェディングフォトにも、ましてや撮影するカップルにも興味はないでしょう。

明るすぎたり暗すぎたりブレている写真をまるごとデータでもらったところで、そこから料理するのはあなたです。

適当にスナップフォトを撮られるくらいなら、私だったら、その$500を使って、超高級自撮り棒と、三脚を買って、自分たちで撮ります。

そっちのほうが、ずっとか良い経験になる。


人間は、思い出す時に幸せを感じるいきもの。

ニューヨークという、混沌としたドラマ渦巻く大都会でのブライダルフォト。

安心できる腕のいいフォトグラファーに撮ってもらうと、自分がそのドラマの主人公になれるんです。

鏡で見てるいつもの自分よりも、めっちゃ盛れてるんです。

その写真を見ているだけで、幸せな気分になるんです。

経験にはお金を惜しまず、

何世代にも渡って語り継がれる最高の1枚を残してもらいましょう。

 

 


ニューヨーク前撮り&後撮りフォト

インスタグラム@hirokophotographyでも随時アップ中。

ぜひぜひフォローお願いします♥

IMG_7237.jpg


ニューヨーク七五三フォトやファミリーフォトは、

インスタグラム@hirokophotostudioでも随時アップ中。

ぜひぜひフォローお願いします♥

image1


刺激的なNYでフォトウェディングやファミリーフォト

里帰りができない方々のための「ニューヨークで七五三撮影」

マタニティや新生児フォトなど

丁寧なカスタムポートレートサービスを提供しています。

一生の思い出に残る「アート作品」心を込めて撮影します♥

撮影詳細は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。

hiroko@hirokophotography.com


One click captures time and light forever.

The subject matter and surrounded scenery stimulate your senses

visual voices start to whisper to your heart.

Photograph is your history.

I truly appreciate to capture the precious moment of your life.

Wedding | Engagement | Family

feel free to contact to:

hiroko@hirokophotography.com