NYフォトウェディング:冬に幸せになるスイーツ4選♥

在米17年、アラフォーフォトグラファー二児の母のひろこです。

ニューヨークウェディングフォトツアーを中心に、海外フォトウェディングの知ってて得するリアルな豆知識を紹介しています。

昨日のブログで写真映えするクリスマスツリー記事を書いていたら、それぞれの撮影スポットに美味しいドーナツやさんとか甘味どころがあるよなぁ、紹介したいなぁ。。。と生唾が出てきてしょうがなかったので今日のブログで書きますね!


★海外フォトウェディング基礎知識:番外編スイーツ★


1:「The Doughnut Project」のドーナツ

(ワシントンスクエアパークのクリスマスツリーの近く)

一つ一つが血糖値あげあげアート作品。しっとり柔らかく一口ほおばると夢心地になります。

カリカリベーコンが乗った「savory(しょっぱくて美味しい)」なドーナツがあったり、眺めてるだけで幸せな気持ちに。

photos from the Doughnut project website

MaYu_S-100

MaYu_sns-103

MaYu_sns-107

いい笑顔。そう、この笑顔を導きだしてくれるドーナツなんです。


2:「Breads bakery」のバブカ

(ブライアントパークのクリスマスツリーの近く)

「Breads bakery」のバブカ。このお店のキオスク版が、ブライアントパーク内の6番街&42丁目の角にあります。

「バブカ」というのは、東ヨーロッパのユダヤ系の人たちによって作られた伝統あるチョコレート菓子。

フランスから直輸入された発酵バターをふんだんに使った生地に、ヌテラ、ベルギーチョコレートチップをこれでもかと練り込み、それを編み上げて、ミートローフ型のケーキ型にぎゅっと詰めて焼き上げます。

一口ほおばると、このYoutubeのお姉さんのようになります。1:20秒くらいから見てください(1:20にセットしました。笑)。

(リポーターのお姉さんみたいに「オーマイガー」言ってくださいね)

Haruki_sns-172

あーん♥

キオスクではたしか1本$15くらいだったと思うのですが、スライスでも、$4~5くらいで売ってるんです。

で、フォトツアー中、撮影用にスライスを3つ買おうとしたら。。。

店員のにーちゃんに、

店員「スライス3つで$15でしょ? 1本買った方がお得だよ!? そっちにしなよ」

私「うん。。。でも撮影するから切ってるほうがいいから」

店員「いや、でも1本買った方がお得じゃん?」

私「うん。。。でも1本買っても切るナイフ持ってないから。。。」

店員「いや、でも1本買った方がお得じゃん?」

と、ピュアな親切心から1本買いをプッシュされました。笑。

Haruki_sns-174

いやいや、でもこれ1本買いしたら危険なんです。止まらないんです。ご飯食べられなくなってもいいや~。1本たべちゃお!となるんです(私だけかな)。

なので、気軽に買えないヤミツキお菓子でもあります。

Haruki_sns-175


3:Lady Mのミルクレープ

(ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの近く)


LadyM_MC_Signature_v_04.jpg

photo is from the Lady M website

「Lady M」のミルクレープです。ロックフェラーセンターの中に(ちょうど展望台にのぼりに行く入口前)にキオスク店があります。

薄いクレープ&ふわっふわの生クリームが20層に重なった、食べた人の心までふわっふわにしてしまうケーキです。まさに日本人好みの味。

というのも、もともとLady Mのコンセプトを発案した創業者のKen Romaniszynさんがハワイ出身の日系人。

小さいころは夏休みになると日本のおばあちゃんの所で過ごし、そこでの思い出が「日本のような美しくて、美味しくて、甘過ぎない洋菓子を作る」というインスピレーションのもとになっているそうです。


バイオグラフィーから訳しました

ロックフェラーセンター内の「Lady M」店舗はお持ち帰り専門なので、私が旅行者だったとしたら、ロックフェラーの展望台にのぼったあとにこのミルクレープを買って、ホテルに持ち帰って、テレビを見ながらベッドに寝転がって、お行儀悪く食べたいです。

そしてそのまま寝落ちする。。。幸せ。


4:ジャック・トレスのホットチョコレート

(グランドセントラル駅構内のひかえめ♥クリスマスリースの近く)

1960年アルジェリア生まれ。世界的に有名な凄腕ペストリーシェフでありビジネスオーナーである、「ミスターチョコレート」こと、ジャック・トレスさんのチョコレート店です。

(今バイオグラフィー読みましたが、15歳から、そして58歳の今でも全力疾走し続けている、素晴らしい経歴。知らなかった。。。)

ブルックリンのダンボに1号店がオープンした翌年(2001年)に渡米した私。

木枯らし吹く冬のある日、なけなしのお金で、高級チョコレートを2つぶ買って食べた時の感動は忘れられません。。。コクがあって、カカオの味がしました。

といっても、チョコひとつぶ2ドルくらい。

でも4ドルあれば、当時は(今でも)露店でコーヒー1杯と卵ベーコンサンドイッチ買えるから、私にとっては贅沢品だったのです。

話は逸れましたが、グランドセントラル駅の通路にお土産店があり、地下のフードコートには小さなお店が出ています。その小さなお店で売っているホットチョコレートが濃厚うまうまなんですよ〜。

冬の寒い日には絶対オススメです。

年末のグランドセントラル駅、早朝に行ってみてください。とても静かです。

ぽつんぽつん、と飾られたひかえめなクリスマスリース。可愛いでしょ?

TakShi_sns-2TakShi_sns-12

幸せなふたり♥クリスマスの時期限定フォトですね。


はぁ〜。やっぱり甘いものって心を落ち着かせてくれますね。

さて、美味しい紅茶でも淹れて、キッチンで甘いもの探そう。。。


インスタグラム@hirokophotographyでも随時アップ中。

ぜひぜひフォローお願いします♥


刺激的なNYでフォトウェディングやファミリーフォト

里帰りができない方々のための「ニューヨークで七五三撮影」

マタニティや新生児フォトなど

丁寧なカスタムポートレートサービスを提供しています。

一生の思い出に残る「アート作品」心を込めて撮影します♥

撮影詳細は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。

hiroko@hirokophotography.com


One click captures time and light forever.

The subject matter and surrounded scenery stimulate your senses

visual voices start to whisper to your heart.

Photograph is your history.

I truly appreciate to capture the precious moment of your life.

Wedding | Engagement | Family

feel free to contact to:

hiroko@hirokophotography.com