私がニューボーンフォトで撮らない2つのポーズ

NY在住17年二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

一年を通してお問い合わせがくるNYニューボーン(新生児)フォト。

産まれたばかりの、お母さんのお腹の中でいたような、くるんと丸まった状態のままを記録する、、、今ではずいぶん日本でもメジャーになってきていると思います。

お問い合わせをくださるお客様も目が肥えてきているので、グーグルでたくさんの画像を調べて、「こういうのが撮りたいです!」とメールで送ってくださいます。

が! ぶっちゃけお約束できない写真が多いです。

今日は新生児フォトで、「それはできません」と、お断りする2つのポーズについてお話したいと思います。

まず、1つめ。

1:ほおづえポーズ

headsstand

newborn poseでググると出る出る、、、可愛いニューボーンフォトの数々。

やじるしをつけているのが、ほおづえポーズです。

このほおづえポーズ。ベテランの新生児専門フォトグラファーがよくやるポーズです。

はい、「ベテランの」「新生児のみ」を撮影している熟練フォトグラファーができるポーズです。

アシスタントが最低一人必要です。

まずアシスタントが、赤ちゃんの頭を起こした状態で、指で頭をささえる→フォトグラファーが撮る。

その後別ショットでアシスタントが両手をささえて、フォトグラファーが撮る。

後でフォトショプで合成する。

こんな感じですね。

 

Screen shot 2018-04-25 at 6.25.31 AM

新生児の柔らかな頭を持つことじたい安全ではないので、私にはとてもとても、怖くてできません。

ですのでお断りします。


そして、2つめ。

2:くるんと丸まりポーズ

curlypose

 

え?無理なの?簡単じゃね?と思われそうですが、このポーズは生後10日以降だと極めて難しいです。

生後2週間をすぎるとあまり熟睡してくれず、起きている時間が長くなるのと、手足を伸ばすのが大好きな時期になるので、この体勢を作っても、足がぴょーんと伸びたり、足をたたむことじたい嫌がる赤ちゃんが多いです。

 

また、私のお客様はアジア人のママが多く、産褥期(さんじょくき)もあり、産後1週間で赤子の入ったカーシートをかついで、ハロー!と元気よく当スタジオまで来てくれることは、まれです。

アメリカ系ヨーロッパ系のママは骨格も違い、体力の回復がアジア人と比べて早いので、こういう撮影も可能なんですよね、、、

私の撮影スタイルは、赤ちゃんにまかせて、やわらかなブランケットに包んで、自然な状態で記録します。

新生児ニキビも、皮のむけたおててやおでこも、その時のいい思い出。

 

また、産後1か月のお宮参りの時期に合わせて撮影されるのもおすすめです。

(撮影時のおくるみ、お着物等すべて当スタジオで準備します)

 

 

かっちりスタイリングしたニューボーンフォとを残すのもアリですが、その場合は撮影料にこだわらず、熟練の新生児専門フォトグラファーにおねがいすることが大切です。

すべてにおいて一定基準を満たしている日本と違い、アメリカの写真撮影はまさに、「安かろう悪かろう」です。

Advertisements