The story behind my newborn photo: 娘の新生児フォト秘話

(English version is below)

ブログで世界に発信してる時点で秘話でもなんでもないのですが。

二人目の出産は、もう、欲が出て出て。「自分の子供のニューボーンフォトを退院後1日1セット撮る」などと過激な事を考えておりました。そして予定帝王切開をして退院した6日目から、術後の傷を押さえながら、一日数枚づつ撮っていきました。後先考えず、こういう事をしてしまうんよなぁ私。

、、、と言っても、部屋に撮影セットを数種類、完璧に用意しておいて、授乳した後の娘をそのセットに置いて、カメラを持って、パシャッと撮るだけだったんやけどね。

兄妹一緒のショットもどうしても撮りたくて、でも息子は当時まだ2歳。これは練習しとかなあかんなと、出産前に赤ちゃんの人形を買って、リハーサル撮影をしました。

案の定、小猿は言う事を聞かず。「こうやってあかちゃんをハグするの!あかん!やりなおし!」。

 

Screen shot 2015-11-25 at 11.19.41 AM

「そうそうそーんな感じ!しっかり覚えといてよ!」我が子には超ごうまんなフォトグラファーです。

Screen shot 2015-11-25 at 11.19.52 AM

 

そしていざ出産へ。予定帝王切開だったので、心の準備は万端でした。Screen shot 2015-11-25 at 11.28.10 AM

すたすたと靴下姿で手術室へ。

Screen shot 2015-11-25 at 11.27.04 AM

30分後。おぎゃー!やっぱり感動の涙涙涙。この時は身体の震えもなく、落ち着いて看護士さんや担当医師とも会話ができました。

Screen shot 2015-11-25 at 11.24.03 AM

Screen shot 2015-11-25 at 11.25.43 AM

 

でもやっぱりキターーー。ホルモンの急激な変化からくる猛烈な悪寒と震え。先生は「赤ちゃん可愛いよね〜。上に乗せて抱っこしながら病室にいくぅ?」と優しい言葉をかけてくれてるんやけど、私、ぶるぶるぶるぶる震えすぎて赤ちゃんが転がり落ちそうだったのでお断りしている所。Screen shot 2015-11-25 at 11.26.30 AM

本来ならば帝王切開は4日で退院なんやけど、1日無料で延長できたので即延長。5日後に無事退院しました。

そしてお待ちかねの兄妹撮影!

息子は神妙に、そーっと隣に寝そべってポーズ。想像よりもスムーズに写真を撮る事ができて、ごうまんフォトグラファーも大満足でした。ちゃんちゃん!

22222

 

There was no way for me to take photos of my son when he was a newborn. It was an extremely painful c-section that I wasn’t prepared for at all. I was physically and emotionally worn out. Nevertheless, humans are forgetful creatures. By the time when I was pregnant with my second child, I was eager to take her newborn photos. I was even daring to capture the photos as soon as I came home from the hospital. There is a tradition called a 30 days postpartum confinement (strict bed rest) for Japanese mothers but I have been living in NY too long!?

Before the scheduled c-section, I prepared several different backdrops, baskets and wraps to prop the baby in the nursery room. I charged my camera, put the compact flash in, everything was ready. I was so greedy that “Oh! I need the image of my newborn with my son too.”  Thus, my son, adopted Nanami (Asian baby doll), and I practiced together on how to take sibling shots countless times. I wasn’t crazy, I was just pregnant.

For the most part, I was comfortable with the hospital stays since this was my second c-section and I kind of knew what to expect. I was very fortunate. About a week later, and still enduring my c-sec scar, I was able to capture a lovely image of my son and daughter together… yes, I was crazy.

 

 

Advertisements