NYでバイリンガル育児:子どもが18歳になった時のビジョン

_MG_1707

こんにちは! NY在住17年のフォトグラファー、アラフォー二児の母のひろこです。

気軽にアップするはずが、長くなってしまった。汗。


子育てのゴールは、自立した人間に育てる。

、、、だとみなさん思うのですが、アメリカで出産&育児している私にとって、私の母語である日本語の教育&維持は、いつも悩むテーマです。

_MG_1712

今現在息子は7歳、娘は4歳です。彼らの母語は英語です。

子どもを出産してからずっと日本語で話しかけて、子ども達にも日本で話すようにモチベーションをあげながら生活してきました。

 

おかげさまで、母親である私に対して、日本語で話してくれるようになったし、年相応の日常会話はしっかり理解しています。

 

しかし。。。

 

読み書きどうしよう。

 

あんまり考えてなかった。

 

いや、考えてなかったというよりも、悶々と、ゴール設定ができず、息子が小学校2年生になってしまった。

 

そして何もできていない、、、というのが現状です。

 

息子が4歳の時に、ひらがなカタカナは教えました。2〜3ヶ月ですべて暗記して読めるように。

 

しかし年長さんになり、ニューヨークの現地校の、大量の宿題をこなすうちに、せっかく覚えたひらがなカタカナの維持はおざなりに。

(それまで毎日おこなっていた日本語の絵本の読みきかせも、英語力アップのためにすべて英語絵本に切り替え。ゆいいつ続けたのは、おたがい日本語で会話することだけ)

飛ぶように2年がすぎた今、悲しいかな、ひらがなは半分以上、カタカナはほぼすべて忘れてしまいました。涙。

 

 

日本語補習校に入れるという手もあるのですが、夫婦の仕事のスケジュール、そこに当てる教育費、本人のやる気と興味、里帰りの有無、親のコミットメントを考えると、優先順位から、はずれてしまいました。

 

 

7歳にしては考え方がマセている息子に、日本語の勉強したい?なんて聞こうものなら、「したくない」と即答するし、息子の言う事はオウムのように真似する娘は、同じように「日本語嫌い〜」という反応をします。

 

日本語は話すんやけどね、、、日本語=学校で勉強というアプローチは難しい。

 

うーんうーんと悩んでいても、しょうがないので決めました!

 

日本語習得の目標は(ダラララララ。ドラムロール)

 

 

子どもが18歳になった時=日本語の「読み」が小6レベルになっている。書けなくていい。パソコン変換で正しい漢字を選べたらいい。

 

これにしよ!

 

うん、これ。

 

とりあえず、これ。笑。

 

先が分からないと、年間計画も、月の目標も、一日にする事も決められず、時間だけが無駄にすぎている。

 

それだけは耐えられないので、とりあえず、ゴールこれにします。

 

なぜ小6レベルなのか。

 

それは、完全に私の個人的な判断です。なんの科学的根拠もないし、何かの教育的理念にもとづいたものでもありません。
今年知り合ったお友達の影響を受けただけです。爆。


私と同い年の彼女は、中学校1年生の時にアメリカに移住してきました。

 

アメリカで中学、高校、大学を卒業し、現在もアメリカ在住です。本当に綺麗な日本語を話すし、文章も上手だし、英語もペラペラで、申し分のない才女。

 

そんな彼女が「日本語は小学校6年生までの漢字が分かれば、文庫本は読めますよ。読み方が分からなくても意味が予想できるので」と、知的な笑顔を見せてくれたとき、はっはーん!と、思ったのです。

 

これでいこ!

 

ゴール設定はこれで。

 

正直、私が日本の国語の問題集を悩まず解けるのも、きっと小学校レベルまでやと思うし、いっても小学校6年生ってかなりのレベルやし、バイリンガルの子どもにとってはかなりハードルが高いはず。

 

18歳までに小6レベルの読み書きを〜と決めても、きっと私の話をまともに聞いてくれるのは小学校3〜4年生くらいまでよね?

 

だから、小学校4年生までに日本語の本を、簡単な絵本でもいいので、楽しく読めるように、もっていきたい。

 

そのための計画を立てようと思います。

 

幸か不幸か、私は漢字がめちゃくちゃ苦手です。小学校レベルの漢字ですら自力でかけないものが多いです。高校生になってもそうでした。頭に入ってこないのよ!

 

なので、子ども達に「漢字が書ける」ことは求めません。

 

これからの時代、漢字が美しく書けることや書き順の暗記にどういう意義があるのか不明。

実際40歳の私が社会に出て、評価されるようなシチュエーションで、手書きの文書を提出したことなんてないし。

 

モータースキル向上のための練習は、現地校で英語の文章をイヤっていうほど書かされるから、これ以上必要なし。

 

でも、子どもたちに、二カ国語以上話せる&読めることの強みは、感じてほしい。それが将来何かを始めるときの自信に必ずつながるから。

 

なので、具体的にどうするかというと、まず、親子で一緒に漢字のお勉強することにします。

 

さいわい子ども達は、部首の話が好き。

 

漢字教育で有名な、石井勲氏の著書に、子供用の部首のなりたちの本が何冊かあって、それを参考に、部首を少しづつ教えて、同じ様な部首の漢字を集めて、「虫へん」の漢字で昆虫あてゲームしたり、「けものへん」で動物あてゲームをしたり。

 

それをしたら喜ぶので、宿題の合間にそれを盛り込みつつ、、、今年の夏の里帰りで、小6レベルの問題集とか文庫本読んでみて、小学校で習う漢字をどうやって楽しく習得するか。もう少し具体的な計画を立てていこうかな。

石井勲先生の言葉をかりると、「漢字を教える」ではなく、「漢字で教える」。

これってまさに英語でもそうで、中学高校の英語の授業や、渡米してまもないころの語学学校の授業なんて、ほんまにほとんど意味がなかった気がする。

(私が、英語ペラペーラに憧れるくせに、英語嫌いだった、ということも大きいです)

渡米17年の私が、英語が一番伸びたな〜と思うのは、アメリカ人の彼氏ができて喧嘩をしたとき。爆。

とにかく自分の言い分を伝えるために必死で辞書を調べて、めんとむかって争っては負けるので、それは長い長いメールを送りつけたりしました。

現在過去未来形を間違えないように、超慎重に、論理立てて。

そしたら相手も負けじと、それはそれは長い怒りのメールを返してくるのです。しかも小難しいイディオム満載の。

怒り狂った、そういう感情で覚えた英語って二度と忘れない。

あと、「英語で」写真の勉強をした事も良かったと思う。

学生時代、ニューヨークでバーテンダーとして3年半働いて、文法があやしいの分かってるけど、「まぁ相手(客)は酔っぱらってるし」と思って気にせず英会話が楽しめたっていうのも、会話力の向上に大きく貢献しました。

話は逸れましたが、、、、

 

まぁ自分の子どもといえども、別人格の人間なので、どこまで日本語教育を進める事ができるか謎ですが、自分の漢字力向上もかねて、子どもの教育に関わりながら、細く長く続けていけたら嬉しいです。

 

Advertisements

バイリンガル子育てで、私が毎日かかさずすること。

AY_L-15.jpg

おはようございます。

NY在住二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

7歳息子と4歳娘がおります。

(二人ともNYで生まれ、育っています。英語レベルは平均的なアメリカの子ども。日本語レベルは、勝手な予想ですが、息子は日本の5歳児、娘は2歳児くらい、でしょうか)

 

 

 

バイリンガル子育てで、私が毎日かかさずすること。

 

それは、、、、

 

とにかく、日本語でしゃべりまくる事。爆。

難しい言葉、気にせず使います。心の中で思った独り言も、ベラベラ口に出します。

「あ〜マミー今日、歯磨きめんどうだから、お菓子たべないでおこうと思ったけど、やっぱり食べてしまったんだよね〜。誘惑に負けた。意志が弱い」

 

とか、

 

「マミーの夢は、家族で旅行に行くこと。アフリカとか行きたい!インドに行きたい!いや、とりあえずディズニーランドかなぁ」

 

とか。

子どもって、親の命令はまったく聞かないくせに、そういった、どうでもいいことはしっかり耳ダンボになっています。

 

なので、意味をきちんと知りたいらしく、分からない言葉を聞いてきます。

娘『夢ってどういう意味?』

私「ドリームってこと」

娘『家族ってなあに?』

私「ファミリー」

 

息子「誘惑ってなに?」

私「なんやと思う?」

息子『わかんない』

私『テンプテーション』

息子「ふ〜ん」

(ふ〜ん。といいながら、しっかり覚えています。ここが子どもの凄い所やと思う)

息子と娘の日本語&英語の能力が違うので、聞き返し方も変えています。

息子=語彙力がそれなりにあるので、日本語の意味を聞いてきたときは、「どういう意味だと思う?」とたずねて、英語で予想させます。

結構いい線で答えてくるので、「すごいやん!!!やっぱりよく分かってるんやなぁ!」と褒めます。

娘=語彙力がまだまだ&そ〜んなに日本語に興味がないので、「どういう意味だと思う?」なんてもったいぶると、もう聞いてくれなくなるので、すぐに答えます。

「00ってなに?」「xxって意味。英語ではxxっていうでしょう」と、英語でのフォローも入れます。

そんな感じです。

AY_L-26.jpg

二人を日本語のそろばん教室に入れて2ヶ月。とても根気づよい素晴らしい先生で、その方からしっかり日本語を聞いてくるのか、娘の日本語が飛躍的に伸びました。

私の独り言から、「それってなぁに?どういう意味?」と聞いてくるのも、ここ1〜2週間のこと。

嬉しかったので、メモメモです。

 

 

ひなまつり -Japanese girls celebration-

今日はひな祭りだったのね〜。フェイスブックの日本のお友達の投稿を見ながら焦りました。ま、でもNYの家にお雛様ないからさっ。二年前実家で撮影した写真をアップします。娘子よ、すくすく育ってくれてありがとう!

March 3rd is Hinamatsuri, A Japanese doll festival aka “Girls’ festival” which we pray for the happiness and healthy growth of girls. Old tradition said…if we forget to set up these hina dolls by March 3rd, the young daughter of the family will not be able to marry in the future….ooooooh

Well, we don’t have the hina doll set here in NY. I will post the photos from 2 years ago when we were in Japan to make amends. Hopefully, this doesn’t make her get married too early.

20150319-5

6年ぶりのクリスマスツリー

NY在住2児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。もうすぐクリスマスですよ!

我が家では6年ぶりにツリーを出しました。息子を出産してから今年まで、ずっとお蔵入りでした。子供が小さすぎて、オーナメントを引っ張ったりツリーを倒したりするのが怖くて「また来年」「また来年」と延ばし延ばしだったのです。

が、もう下の娘も3歳。ガラスでできたオーナメントを引っ張ってはいけないことも分かる年になりました!

We had not decorated X’mas tree for 6 years. Ever since I had my son, we put this tree in the garage. Why? Well, I cannot stand our little toddlers keep pulling the ornaments away. lol. However, my little one is three-year-old now. She is fully understand that she cannot pull and throw the glass ornaments 😉

20161215-1.jpg

20161206-6.jpg

20161215-3.jpg

20161215-2.jpg

よーく見てみると、へんなものもデコレーションされてる、、、

I spy….clips!

20161206-10.jpg

これはおかしい。

and Doraemon DVD.

20161206-11.jpg

20161206-8.jpg

 

アメリカの家庭では、生のもみの木を買って飾る事が多いけど、虫とか葉っぱとかが怖いチェン家では、嘘ものツリーで十分です。

Here in America, many people buy a real tree to decorate but our family is scared of nature stuff such as leaves, bugs etc…so we are good with faux one.

20161206-9

 

80年代を思わせるイルミネーション、、、息子が学校から帰ると、カーテンを下ろしてディスコ状態で宿題をする、平和な日々です。

I guess the illumination of this tree matches 80’s disco hits. My son pulls down the shades and does his homework. A peaceful everyday routine.

20161206-12.jpg

20161206-13.jpg

 

 

英語と日本語の比重

NY在住二児の母アラフォーフォトグラファーの裕子です。とっくにNYに戻ってきていますが、まだまだアップしたい里帰りの写真があるのでアップしまーす。

そうそう、息子を公文の夏期講習に入れたのでした。学費、ニューヨークのKUMONの半分以下だったから。公文の山本先生、週二回の授業にぴったり付いてくる私に、毎回とても丁寧に「子供がどうやったら伸びるか」を説明してくださいました。

驚き&ショックだったのが、「日本語の絵本ではなく、英語の絵本をたくさん、たくさん、息子さんに読んであげてください」「アメリカ人のパパではなく、あなた、お母さんが読んでください」と念押しされた事。ここNYで妊娠出産し、日本語教育をがんばってきた私にとっては厳しい一言。

ハンタが小さい頃、英語の絵本を「よんで!」と私に持ってきても、「これは読まないよ。マミーは日本人だから日本語の絵本もってきな」と徹底してきたので(会話も同じ。英語で話しかけてきたら聞こえていないフリ。日本語に変えて話しかけてきたら返事をする)。でも、確かにそうやんな。ハンタはこれからNYの小学校、中学校へ通い、きっと高校受験も経験していく。その上で国語力というのは本当に大事やし、ハンタがNYのキンダーガーテン(年長さん)に通い始めた去年、改めて彼の「英語の国語力」の弱さに気づいたのも事実。まぁ、あくまでも他のアメリカ人の、英語しか話さないクラスメートと比べてなんやけど。当たり前っちゃあ当たり前。

私が思うに、息子のような5歳児の語学力のキャパは100%しかなくて、バイリンガルというのはその比率が違うだけな気がする。英語と日本語が話せるハンタは、英語60%、日本語40%くらい。日本語が書けて話せてすごいけど、日本の3歳児のような話し方&読解力。英語が話せて読めてすごいけど、アメリカの3〜4歳児のような話し方&読解力。このパーセンテージの合計を100%以上にできる年齢はまだ謎ですが、ハンタの負担にならないよう、ちょっと英語の比重を上げて、伸ばしていかないかんのかぁ〜と、息子との公文の帰り道、あぜ道を眺めながら思ったのでした。目から鱗でした。

20160702-9

20160702-6

20160702-7

20160702-8

20160702-10

じいじ、早く着替えなさい。のど自慢始まってもたし。

20160702-11

20160702-12

20160702-13

おこだでませんように

NY在住二児の母アラフォーフォトグラファーのひろこです。現在、四国の徳島へ里帰り中です。

20160703-1

20160702-3

20160702-4

20160723-2

何かにつけて息子には無理難題を押しつけてしまう。躾と称して、服従させるように、ヘンなルールを決めたり命令したり。なんだか子育て中はいつもイライラ。

そんなタイミングで出会ったこの絵本。「おこだでませんように」

息子に読み始めて、真ん中まで来た時「あれ?」と思った。これ、私のための絵本やん。後半は声が震えて涙をこらえながら読むので必死でした。この夏、一番ぐさっときた本。おすすめです。

20160723-1

 

 

 

初・柏餅作りと流し素麺

NY在住二児の母アラフォーフォトグラファーのひろこです。現在、四国の徳島へ里帰り中です。

We all attended an local event to make “Kashiwamochi” (a rice cake wrapped in an oak leaf) and enjoy “Nagashi Somen” (catch and eat somen noodle through a bamboo gutter).

近所の公民館へ、柏餅作りと流し素麺の親子教室に行ってきました。

社交的な娘と相反するハンタのこの顔、、、。テンション上げていこ〜や〜。

20160730-1

20160730-2

20160730-3

20160730-4

20160730-5

20160730-6

20160730-7

蒸します!

They are still raw, will be steamed shortly.

20160730-8

こちらは、生地に餡を練り込んだういろうのような「練り込み」

The photo above…a dough and a red bean paste are separate, the photo below…a dough and a red bean paste are mixed together.

20160730-9

We enjoyed “Nagashi Somen” while “Kashiwamochi” was being steamed.

20160730-10

20160730-11

20160730-12

20160730-13

20160730-14

20160730-15

20160730-16

20160730-17

20160730-18

“Kashiwamochi” is ready! とても香りがよくて美味でした。

20160730-19

この柏餅&流し素麺イベント、解説→みんなで自己紹介→クッキング→流し素麺→柏餅食べる→季節のお話やクイズと盛りだくさんでした。にも関わらず、これをすべて1時間30分でやり遂げるって凄いよね?超段取りがいいんですけど。急かされる事もなく、とてもゆったりした時間でした。すごいわ公民館のおっちゃんおばちゃん。

The local community volunteers introduced themselves and we did introduced ourselves. Then we made Kashiwamochi followed by Nagashi Somen, we ate, we did some quizzes about Japanese sweets.  All this for 1 hour and half. These people were so organized and punctual although I didn’t feel rushed. Thank you so much for this amazing opportunity.

20160730-20

西松屋で浮き輪を買って、市民プールへ。忙しい夏は続きます。

Went to the kids store to get their floats and off to the pool. Our busy summer still continues…

20160730-21

20160730-22

20160730-23