私がニューボーンフォトで撮らない2つのポーズ

NY在住17年二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

一年を通してお問い合わせがくるNYニューボーン(新生児)フォト。

産まれたばかりの、お母さんのお腹の中でいたような、くるんと丸まった状態のままを記録する、、、今ではずいぶん日本でもメジャーになってきていると思います。

お問い合わせをくださるお客様も目が肥えてきているので、グーグルでたくさんの画像を調べて、「こういうのが撮りたいです!」とメールで送ってくださいます。

が! ぶっちゃけお約束できない写真が多いです。

今日は新生児フォトで、「それはできません」と、お断りする2つのポーズについてお話したいと思います。

まず、1つめ。

1:ほおづえポーズ

headsstand

newborn poseでググると出る出る、、、可愛いニューボーンフォトの数々。

やじるしをつけているのが、ほおづえポーズです。

このほおづえポーズ。ベテランの新生児専門フォトグラファーがよくやるポーズです。

はい、「ベテランの」「新生児のみ」を撮影している熟練フォトグラファーができるポーズです。

アシスタントが最低一人必要です。

まずアシスタントが、赤ちゃんの頭を起こした状態で、指で頭をささえる→フォトグラファーが撮る。

その後別ショットでアシスタントが両手をささえて、フォトグラファーが撮る。

後でフォトショプで合成する。

こんな感じですね。

 

Screen shot 2018-04-25 at 6.25.31 AM

新生児の柔らかな頭を持つことじたい安全ではないので、私にはとてもとても、怖くてできません。

ですのでお断りします。


そして、2つめ。

2:くるんと丸まりポーズ

curlypose

 

え?無理なの?簡単じゃね?と思われそうですが、このポーズは生後10日以降だと極めて難しいです。

生後2週間をすぎるとあまり熟睡してくれず、起きている時間が長くなるのと、手足を伸ばすのが大好きな時期になるので、この体勢を作っても、足がぴょーんと伸びたり、足をたたむことじたい嫌がる赤ちゃんが多いです。

 

また、私のお客様はアジア人のママが多く、産褥期(さんじょくき)もあり、産後1週間で赤子の入ったカーシートをかついで、ハロー!と元気よく当スタジオまで来てくれることは、まれです。

アメリカ系ヨーロッパ系のママは骨格も違い、体力の回復がアジア人と比べて早いので、こういう撮影も可能なんですよね、、、

私の撮影スタイルは、赤ちゃんにまかせて、やわらかなブランケットに包んで、自然な状態で記録します。

新生児ニキビも、皮のむけたおててやおでこも、その時のいい思い出。

 

また、産後1か月のお宮参りの時期に合わせて撮影されるのもおすすめです。

(撮影時のおくるみ、お着物等すべて当スタジオで準備します)

 

 

かっちりスタイリングしたニューボーンフォトを残すのもアリですが、その場合は撮影料にこだわらず、熟練の新生児専門フォトグラファーにおねがいすることが大切です。

すべてにおいて一定基準を満たしている日本と違い、アメリカの写真撮影はまさに、「安かろう悪かろう」です。

Advertisements

little K’s tiny breath -NYでニューボーンフォト:やわらかな吐息

NY在住17年二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

今日は少し前の撮影の様子をアップします。

クィーンズにあるホームスタジオに、小さな小さなおこさまがいらっしゃいました。


Hello, its Hiroko! NYC based mom/Japanese/photographer.

Today, I would like to introduce a tiny guest…mr. K!

Kog_sns-206

Kog_sns-37

柔らかくて透き通るような白い肌。 His tiny breath took mine’s away. He is an angel.

Kog_sns-71

Kog_sns-73

Kog_sns-95

Kog_sns-227

Kog_sns-225

 

3年前にご結婚されたKさんご夫妻、実は彼らのブライダルフォトも私が撮影させていただきました。

ブライダル撮影をした当時、私自身も産後、本格的に仕事復帰したあとで、フォトアイデアいっぱいのお嫁さんのAちゃんと一緒に、グランドセントラル駅やブルックリンブリッジなど、いろいろ下見をしてまわったのが昨日のことのようです。

こうやってKさんご夫妻の家族の軌跡を記録させてもらえて、ほんとうにうれしいです。

心からおめでとうございます。


Mr & Mrs K exchanged the bow about 3 years ago. I was in charge of capturing every moment of their big day.

Back then, I just got back to my photography career after I had two little children so I was a bit nervous.

However, my favorite bride, Mrs K brought all the photo shoot ideas before hand and we did location scouts together! What a well-prepare bride she was.

A big congratulations to Mr & Mrs K. I truly appreciate for letting me capture your milestone.

 

 

ニューボーン撮影も、撮りたい写真の画像をいろいろもちよってくれて、相変わらずアイデア満載でした。笑。


She guided me through newborn session as well. lol.  She always have great ideas.

Kog_sns-197

ニューボーンフォトをお考えのプレママ&パパへ。

「こういう写真が撮りたい!」「こんな雰囲気で」というリクエストがあれば、遠慮なく画像を持ちよってください。

お問い合わせはこちらまで:hiroko@hirokophotography.com

スタジオ撮影は1日1件のみとさせていただいています。時間に追われることなく、授乳時間や休憩をはさみながら、ママ&パパに負担のないようゆっくりと撮影いたします。


If you are considering a newborn photo session, feel free to reach out to : hiroko@hirokophotography.com

I only take 1 photo session a day in my studio in Queens, New York.

No rush or hustle, we take time to nurse and rest. You will enjoy the every moment of the newborn photo session 😉

 

 

クリスマス&お宮参りベビーフォト


記事アップデートしました!(2018年5月)。


I cannot help sharing this image of super adorable new-born baby in New York.

It is perfect for this X’mas season 😉 In Japan, we celebrate and welcome newborns by visiting a shinto shrine, covering a baby with a beautiful kimono.

It is challenging to visit a shinto shrine here in NY but I can provide a beautiful kimono photo session (calls “Omiyamairi photo”) included NY style family & newborn photos.


NY在住二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

今週撮影したベビちゃんが可愛すぎて、、、1枚だけスニークピーク。

ニューヨーク滞在中のご夫婦&愛くるしいベビちゃんが、お宮参り記念写真のために当スタジオまでお越しくださいました。

お着物&よだれかけ姿の写真だけでなく、ファミリーフォト、そしてシンプルでオーガニックな撮影小物を使ったニューボーンフォトも合わせて撮影させていただきます。

途中で授乳休憩を入れながら、ゆっくり撮影に参加していただけます♥

xmas_omiya_bebe.jpg

Daddy and Mommy brought a gorgeous bouquet as an additional prop for the session.

In the bouquet, I found a soft fir tree branches and red tiny flowers so we decided to incorporate them.

This baby girl…oh my, she was alert 90% of the time.

During the session, she constantly gave me a subtle smile and a sweet gaze at me. She made my heart melt…


ご夫婦が撮影小物としてお花のブーケを持参してくださったのですが、その中にもみの木の枝と赤いお花も含まれていました。

なのでこちらも使ってクリスマスらしくパチリ。

本当は眠たいはずのこの月齢のベビですが、お目目パチーッ。

キョロキョロ、ニコニコ。なんとまぁ。

もう一人前にモデルデビューされました。

女優なベビさまお疲れさまでした♥

 


記事アップデートしました!

下記にて追加フォトアップしています(2018年5月)。


 

パパとママが見守る中、、、

NYお宮参り-1NYファミリーフォト-2

ニコ。(きゃー♥)

 

NYファミリーフォト-3

 

 

 

NYファミリーフォト-5

 

何も見逃したくないかのように、朝の透きとおった光を感じて、窓越しの木枯らしを聞いて、ママの匂いを吸いこんで。

五感をフルにつかって「生きる」を確認しています。

 

NYファミリーフォト-12

NYファミリーフォト-14

NYファミリーフォト-15

NYファミリーフォト-22

 

名前の由来となったお花とともに、お宮参りのお写真を残します。

 

 

NYファミリーフォト-19

おやすみなさい。。。どんな夢をみているのかな。

おめでとうございます♥

The story behind my newborn photo: 娘の新生児フォト秘話

(English version is below)

ブログで世界に発信してる時点で秘話でもなんでもないのですが。

二人目の出産は、もう、欲が出て出て。「自分の子供のニューボーンフォトを退院後1日1セット撮る」などと過激な事を考えておりました。そして予定帝王切開をして退院した6日目から、術後の傷を押さえながら、一日数枚づつ撮っていきました。後先考えず、こういう事をしてしまうんよなぁ私。

、、、と言っても、部屋に撮影セットを数種類、完璧に用意しておいて、授乳した後の娘をそのセットに置いて、カメラを持って、パシャッと撮るだけだったんやけどね。

兄妹一緒のショットもどうしても撮りたくて、でも息子は当時まだ2歳。これは練習しとかなあかんなと、出産前に赤ちゃんの人形を買って、リハーサル撮影をしました。

案の定、小猿は言う事を聞かず。「こうやってあかちゃんをハグするの!あかん!やりなおし!」。

 

Screen shot 2015-11-25 at 11.19.41 AM

「そうそうそーんな感じ!しっかり覚えといてよ!」我が子には超ごうまんなフォトグラファーです。

Screen shot 2015-11-25 at 11.19.52 AM

 

そしていざ出産へ。予定帝王切開だったので、心の準備は万端でした。Screen shot 2015-11-25 at 11.28.10 AM

すたすたと靴下姿で手術室へ。

Screen shot 2015-11-25 at 11.27.04 AM

30分後。おぎゃー!やっぱり感動の涙涙涙。この時は身体の震えもなく、落ち着いて看護士さんや担当医師とも会話ができました。

Screen shot 2015-11-25 at 11.24.03 AM

Screen shot 2015-11-25 at 11.25.43 AM

 

でもやっぱりキターーー。ホルモンの急激な変化からくる猛烈な悪寒と震え。先生は「赤ちゃん可愛いよね〜。上に乗せて抱っこしながら病室にいくぅ?」と優しい言葉をかけてくれてるんやけど、私、ぶるぶるぶるぶる震えすぎて赤ちゃんが転がり落ちそうだったのでお断りしている所。Screen shot 2015-11-25 at 11.26.30 AM

本来ならば帝王切開は4日で退院なんやけど、1日無料で延長できたので即延長。5日後に無事退院しました。

そしてお待ちかねの兄妹撮影!

息子は神妙に、そーっと隣に寝そべってポーズ。想像よりもスムーズに写真を撮る事ができて、ごうまんフォトグラファーも大満足でした。ちゃんちゃん!

22222

 

There was no way for me to take photos of my son when he was a newborn. It was an extremely painful c-section that I wasn’t prepared for at all. I was physically and emotionally worn out. Nevertheless, humans are forgetful creatures. By the time when I was pregnant with my second child, I was eager to take her newborn photos. I was even daring to capture the photos as soon as I came home from the hospital. There is a tradition called a 30 days postpartum confinement (strict bed rest) for Japanese mothers but I have been living in NY too long!?

Before the scheduled c-section, I prepared several different backdrops, baskets and wraps to prop the baby in the nursery room. I charged my camera, put the compact flash in, everything was ready. I was so greedy that “Oh! I need the image of my newborn with my son too.”  Thus, my son, adopted Nanami (Asian baby doll), and I practiced together on how to take sibling shots countless times. I wasn’t crazy, I was just pregnant.

For the most part, I was comfortable with the hospital stays since this was my second c-section and I kind of knew what to expect. I was very fortunate. About a week later, and still enduring my c-sec scar, I was able to capture a lovely image of my son and daughter together… yes, I was crazy.

 

 

Little Miss C. NYでニューボーンフォト:生後6日ベビ

Irresistibly beautiful baby. She is only 6 days old. Welcome to the world, little miss C. missc-1

missc-6

missc-5

missc-4

missc-3

missc-11

missc-10

missc-9

missc-8

missc-7

missc-2

途方に暮れるほど可愛らしい、生後6日の赤ちゃんです。日本だと生後6日の赤ちゃんを撮影するのは病院に行かないと難しいよね。アメリカでは自然分娩は2日で退院です(ぎゃー)。