NYでバイリンガル育児:子どもが18歳になった時のビジョン

_MG_1707

こんにちは! NY在住17年のフォトグラファー、アラフォー二児の母のひろこです。

気軽にアップするはずが、長くなってしまった。汗。


子育てのゴールは、自立した人間に育てる。

、、、だとみなさん思うのですが、アメリカで出産&育児している私にとって、私の母語である日本語の教育&維持は、いつも悩むテーマです。

_MG_1712

今現在息子は7歳、娘は4歳です。彼らの母語は英語です。

子どもを出産してからずっと日本語で話しかけて、子ども達にも日本で話すようにモチベーションをあげながら生活してきました。

 

おかげさまで、母親である私に対して、日本語で話してくれるようになったし、年相応の日常会話はしっかり理解しています。

 

しかし。。。

 

読み書きどうしよう。

 

あんまり考えてなかった。

 

いや、考えてなかったというよりも、悶々と、ゴール設定ができず、息子が小学校2年生になってしまった。

 

そして何もできていない、、、というのが現状です。

 

息子が4歳の時に、ひらがなカタカナは教えました。2〜3ヶ月ですべて暗記して読めるように。

 

しかし年長さんになり、ニューヨークの現地校の、大量の宿題をこなすうちに、せっかく覚えたひらがなカタカナの維持はおざなりに。

(それまで毎日おこなっていた日本語の絵本の読みきかせも、英語力アップのためにすべて英語絵本に切り替え。ゆいいつ続けたのは、おたがい日本語で会話することだけ)

飛ぶように2年がすぎた今、悲しいかな、ひらがなは半分以上、カタカナはほぼすべて忘れてしまいました。涙。

 

 

日本語補習校に入れるという手もあるのですが、夫婦の仕事のスケジュール、そこに当てる教育費、本人のやる気と興味、里帰りの有無、親のコミットメントを考えると、優先順位から、はずれてしまいました。

 

 

7歳にしては考え方がマセている息子に、日本語の勉強したい?なんて聞こうものなら、「したくない」と即答するし、息子の言う事はオウムのように真似する娘は、同じように「日本語嫌い〜」という反応をします。

 

日本語は話すんやけどね、、、日本語=学校で勉強というアプローチは難しい。

 

うーんうーんと悩んでいても、しょうがないので決めました!

 

日本語習得の目標は(ダラララララ。ドラムロール)

 

 

子どもが18歳になった時=日本語の「読み」が小6レベルになっている。書けなくていい。パソコン変換で正しい漢字を選べたらいい。

 

これにしよ!

 

うん、これ。

 

とりあえず、これ。笑。

 

先が分からないと、年間計画も、月の目標も、一日にする事も決められず、時間だけが無駄にすぎている。

 

それだけは耐えられないので、とりあえず、ゴールこれにします。

 

なぜ小6レベルなのか。

 

それは、完全に私の個人的な判断です。なんの科学的根拠もないし、何かの教育的理念にもとづいたものでもありません。
今年知り合ったお友達の影響を受けただけです。爆。


私と同い年の彼女は、中学校1年生の時にアメリカに移住してきました。

 

アメリカで中学、高校、大学を卒業し、現在もアメリカ在住です。本当に綺麗な日本語を話すし、文章も上手だし、英語もペラペラで、申し分のない才女。

 

そんな彼女が「日本語は小学校6年生までの漢字が分かれば、文庫本は読めますよ。読み方が分からなくても意味が予想できるので」と、知的な笑顔を見せてくれたとき、はっはーん!と、思ったのです。

 

これでいこ!

 

ゴール設定はこれで。

 

正直、私が日本の国語の問題集を悩まず解けるのも、きっと小学校レベルまでやと思うし、いっても小学校6年生ってかなりのレベルやし、バイリンガルの子どもにとってはかなりハードルが高いはず。

 

18歳までに小6レベルの読み書きを〜と決めても、きっと私の話をまともに聞いてくれるのは小学校3〜4年生くらいまでよね?

 

だから、小学校4年生までに日本語の本を、簡単な絵本でもいいので、楽しく読めるように、もっていきたい。

 

そのための計画を立てようと思います。

 

幸か不幸か、私は漢字がめちゃくちゃ苦手です。小学校レベルの漢字ですら自力でかけないものが多いです。高校生になってもそうでした。頭に入ってこないのよ!

 

なので、子ども達に「漢字が書ける」ことは求めません。

 

これからの時代、漢字が美しく書けることや書き順の暗記にどういう意義があるのか不明。

実際40歳の私が社会に出て、評価されるようなシチュエーションで、手書きの文書を提出したことなんてないし。

 

モータースキル向上のための練習は、現地校で英語の文章をイヤっていうほど書かされるから、これ以上必要なし。

 

でも、子どもたちに、二カ国語以上話せる&読めることの強みは、感じてほしい。それが将来何かを始めるときの自信に必ずつながるから。

 

なので、具体的にどうするかというと、まず、親子で一緒に漢字のお勉強することにします。

 

さいわい子ども達は、部首の話が好き。

 

漢字教育で有名な、石井勲氏の著書に、子供用の部首のなりたちの本が何冊かあって、それを参考に、部首を少しづつ教えて、同じ様な部首の漢字を集めて、「虫へん」の漢字で昆虫あてゲームしたり、「けものへん」で動物あてゲームをしたり。

 

それをしたら喜ぶので、宿題の合間にそれを盛り込みつつ、、、今年の夏の里帰りで、小6レベルの問題集とか文庫本読んでみて、小学校で習う漢字をどうやって楽しく習得するか。もう少し具体的な計画を立てていこうかな。

石井勲先生の言葉をかりると、「漢字を教える」ではなく、「漢字で教える」。

これってまさに英語でもそうで、中学高校の英語の授業や、渡米してまもないころの語学学校の授業なんて、ほんまにほとんど意味がなかった気がする。

(私が、英語ペラペーラに憧れるくせに、英語嫌いだった、ということも大きいです)

渡米17年の私が、英語が一番伸びたな〜と思うのは、アメリカ人の彼氏ができて喧嘩をしたとき。爆。

とにかく自分の言い分を伝えるために必死で辞書を調べて、めんとむかって争っては負けるので、それは長い長いメールを送りつけたりしました。

現在過去未来形を間違えないように、超慎重に、論理立てて。

そしたら相手も負けじと、それはそれは長い怒りのメールを返してくるのです。しかも小難しいイディオム満載の。

怒り狂った、そういう感情で覚えた英語って二度と忘れない。

あと、「英語で」写真の勉強をした事も良かったと思う。

学生時代、ニューヨークでバーテンダーとして3年半働いて、文法があやしいの分かってるけど、「まぁ相手(客)は酔っぱらってるし」と思って気にせず英会話が楽しめたっていうのも、会話力の向上に大きく貢献しました。

話は逸れましたが、、、、

 

まぁ自分の子どもといえども、別人格の人間なので、どこまで日本語教育を進める事ができるか謎ですが、自分の漢字力向上もかねて、子どもの教育に関わりながら、細く長く続けていけたら嬉しいです。

 

Advertisements

よしよし脇とよしよしBack

バイリンガル育児-3

おはようございます。ニューヨーク在住17年二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

たわいもない話ですが、、、

毎週2日、そろばん教室にかよう息子7歳と娘4歳。

ニューヨークの郊外に住んでいるため、徒歩圏で行ける場所はかぎられています。というか、ない。車がぜったい必要。

そろばん教室もそうで、行き帰りがちょうど渋滞にかかり、行きは30分、帰りは45分かかります。

この時間がもったいないので、行きの車の中で弁当を食べさせます(3時30分くらいだけどね、これが晩ご飯)。

帰りはハンタ(7歳息子)の宿題の時間に当てます。

、、、が、そろばん教室のあとは近所の日本食スーパーでお菓子を1個づつ買うので、車の中でそれを食べ散らかし、ゲラゲラ兄妹で笑いながら、ふざけ合って、結局ハンタは宿題を終わらせられない時の方が多い。

で、私はハンドルを握りながら、低い声で、「家に帰ったらマミーはいっぱいやる事があるからね。すぐに2階に上がって、シャワーを浴びる。歯磨きする。8時には寝るよ。宿題でわからない事を聞くなら今だよ」

兄妹:ぎゃーーーーゲラゲラーーー

私:「ななこ(4歳娘)、ハンタにお話するのやめてくれる?ハンタが宿題できないでしょう。今、話すのやめないと、二人とも読み聞かせなしね」
兄妹:ぎゃーーーーゲラゲラーーー

私:「はい、読み聞かせなし。今話すのやめないと、よしよしバックとよしよし脇なしだよ」

(娘は、背中と脇の下(!)を、よしよしとさすってあげないと寝られない女王様)

兄妹:ぎゃーーーーゲラゲラーーー

私:「はい、よしよしバックとよしよし脇なし」

というわけで、昨夜家についてから、ハンタは大騒ぎしながら宿題をやり、ななこはブランケットをかじって「よしよし脇ほしい〜」と泣きながら寝ました。

次は学習してくれますように。

ていうか、アメリカの子育ては、とにかく子どもの運転手に尽きる。

シートベルトが当たってこすれる首の付け根が、まじで黒ずんできそうで嫌やわ〜。車運転しすぎ〜。

 

 

バイリンガル子育てで、私が毎日かかさずすること。

AY_L-15.jpg

おはようございます。

NY在住二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

7歳息子と4歳娘がおります。

(二人ともNYで生まれ、育っています。英語レベルは平均的なアメリカの子ども。日本語レベルは、勝手な予想ですが、息子は日本の5歳児、娘は2歳児くらい、でしょうか)

 

 

 

バイリンガル子育てで、私が毎日かかさずすること。

 

それは、、、、

 

とにかく、日本語でしゃべりまくる事。爆。

難しい言葉、気にせず使います。心の中で思った独り言も、ベラベラ口に出します。

「あ〜マミー今日、歯磨きめんどうだから、お菓子たべないでおこうと思ったけど、やっぱり食べてしまったんだよね〜。誘惑に負けた。意志が弱い」

 

とか、

 

「マミーの夢は、家族で旅行に行くこと。アフリカとか行きたい!インドに行きたい!いや、とりあえずディズニーランドかなぁ」

 

とか。

子どもって、親の命令はまったく聞かないくせに、そういった、どうでもいいことはしっかり耳ダンボになっています。

 

なので、意味をきちんと知りたいらしく、分からない言葉を聞いてきます。

娘『夢ってどういう意味?』

私「ドリームってこと」

娘『家族ってなあに?』

私「ファミリー」

 

息子「誘惑ってなに?」

私「なんやと思う?」

息子『わかんない』

私『テンプテーション』

息子「ふ〜ん」

(ふ〜ん。といいながら、しっかり覚えています。ここが子どもの凄い所やと思う)

息子と娘の日本語&英語の能力が違うので、聞き返し方も変えています。

息子=語彙力がそれなりにあるので、日本語の意味を聞いてきたときは、「どういう意味だと思う?」とたずねて、英語で予想させます。

結構いい線で答えてくるので、「すごいやん!!!やっぱりよく分かってるんやなぁ!」と褒めます。

娘=語彙力がまだまだ&そ〜んなに日本語に興味がないので、「どういう意味だと思う?」なんてもったいぶると、もう聞いてくれなくなるので、すぐに答えます。

「00ってなに?」「xxって意味。英語ではxxっていうでしょう」と、英語でのフォローも入れます。

そんな感じです。

AY_L-26.jpg

二人を日本語のそろばん教室に入れて2ヶ月。とても根気づよい素晴らしい先生で、その方からしっかり日本語を聞いてくるのか、娘の日本語が飛躍的に伸びました。

私の独り言から、「それってなぁに?どういう意味?」と聞いてくるのも、ここ1〜2週間のこと。

嬉しかったので、メモメモです。

 

 

Happy father’s day 2017

ひゃ〜3ヶ月ぶりの更新。日々の仕事と育児に終われ、ブログを書く時間が全くありませんでした。毎年恒例にしようかな、と思いつつあるI LOVE DAD プロジェクト(このボードを持って写真を撮る)。二年目無事終了。いや〜子供おおきくなった!

毎日「ありがとう」を忘れない夫。本当にいつもありがとう。私はといえば、、、愚痴ばっかりでごめんよぉ〜。

It has been 3 months since my last blog post. Everyday is a chaos. Running back and forth between school, home, and photo shoots. I wanted to do this “I LOVE DAD” photo shoot this year and I finally did it. yay.  mission accomplished.  Happy Father’s day to hubby, you are the best father and husband in a whole world!!!

You can also see last year’s version from here.

 

 

去年の写真はこちらから♥

fathersday17-1.jpg

ひなまつり -Japanese girls celebration-

今日はひな祭りだったのね〜。フェイスブックの日本のお友達の投稿を見ながら焦りました。ま、でもNYの家にお雛様ないからさっ。二年前実家で撮影した写真をアップします。娘子よ、すくすく育ってくれてありがとう!

March 3rd is Hinamatsuri, A Japanese doll festival aka “Girls’ festival” which we pray for the happiness and healthy growth of girls. Old tradition said…if we forget to set up these hina dolls by March 3rd, the young daughter of the family will not be able to marry in the future….ooooooh

Well, we don’t have the hina doll set here in NY. I will post the photos from 2 years ago when we were in Japan to make amends. Hopefully, this doesn’t make her get married too early.

20150319-5

Our annual junk food party

NY在住二児の母アラフォーフォトグラファーのひろこです。今日は大晦日。

ジャンクフードパーテーーー!!!の日です。

I have been longing for this day…junk food parrrrr taaaayyyyy. We simply eat junk foods on the couch till the ball drops. Nobody is allowed to judge us.

20161231-1

I see halos…

ハーゲンダッツさま、辛子明太子さま、まぶしゅうございますーっ。

20161231-3

I will not complain about how much candies my kids eat (or how much white rice and deep fried food my husband eats ). We all get unlimited screen time. lol.

今日はどんなけ子供がチョコ食べてもポテチ食べても、スティーブンが白米食べ過ぎても、怒りません。ipadもテレビもアンリミティッド解禁です。私はヘッドフォンをつけて読書します。

20161231-2

韓国フライドチキンを買いに行ったスティーブン待ち。とりあえずお菓子の匂いかいで待っとこな〜。

We are waiting for daddy to come home with the wings from Mad for Chicken. Keep smelling your chocolate snack, party hasn’t started yet.

20161231-7

Happy 2017 everyone!

こうやって健康に、好きな物が好きなだけ食べられるという事に心から感謝します。

2017年もよろしくお願いいたします!

Behind the story of our holiday card…

NY在住二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。ホリデーシーズン突入です。

Merry Christmas and Happy Hanukkah and Happy Kwanzaa and Happy Holidays everyone!

cardback_blog-02-01.jpg

、、、そして、子供たちの学校も冬休みに入りましたね(がーん)。長い長い冬休み、我が子とひざをつきあわせ、みっちり遊びたいと思います。めっちゃ怒鳴ってそうで今から怖いわ〜。

先日、ロング・アイランド・シティーにあるガントリーパークでホリデーカード用の撮影をしました。この時はまだ10月、奇跡的に猛暑日が続いた週でした。「撮影が終わったらトイザラスだからね〜。おもちゃ1個づつ買ってあげるからね〜。言われた通りに動いてね〜」と数日前からこんこんと説明してたので、二人はすんなり着いてきてくれました。

偶然にも、以前撮影させていただいたお客さん親子が近所の公園で遊んでいてうれしい再会。子供たちも夕暮れ時の撮影のタイミングまで、しばらく公園で遊びました。

なな子、毎日同じドレス着てます。

I wish I can survive this winter recess without yelling at my kids…anyways! I would like to introduce many images from our holiday card photo session. It was a nice warm day in October. We went to the Gantry Plaza State Park in Long Island City. Astonishing views of the midtown Manhattan skyline, including the Empire State Building. Definitely worth visiting!

hc2016-1

さ!着替えて始めるぞい!じゃじゃーん! Let’s dress up and start the photo shoot!

hc2016-2

表情が。笑。いつも撮影初めはこんな口の形になります。緊張してるのかキメ顔なのかは謎。

衣装は、なな子のBEBEの頂き物のワンピースをのぞき、すべてバーリントンで揃えました。NYらしく、「ティファニーで朝食を」のオードリー・ヘプバーンをイメージしています。

I guess they were nervous, loved their facial expression. lol. I got all the outfits from Burlington except her black dress. Yep, I’ve got best deals. I wanted my daughter to be like Audrey Hepburn from Breakfast at Tiffany’s. She nailed it, right?

hc2016-14

hc2016-13

↑ハンタのニヒルな笑顔。これスティーブンそっくり。His facial expression looks just like his daddy.

hc2016-10

hc2016-15

とりあえずここまでは撮影順調でした。しかし、なな子がハンタに「ハンタ。きょうそうするよ!よーいどん!」。

Photo shoot was going well…till my daughter asked him a challenge who runs faster…

“okay. we race now. ready…set…go!”

この直後に鈍い音。見事にすってんころりん転んだなな子さん。あまりの泣き声にひなたぼっこしてる人たちびっくりでした。

Then right after, I heard a dull sound and 3 seconds later…tormented screams surprised people sitting in the Sun.

hc2016-28

もういっつもなんよなぁ。この人すぐこけるのよ。しかも新しい靴履いてたからなおさら転びやすかったね。カアチャン忘れておりました。

I forget…she always falls especially when she wears new shoes and run. Ok, our photo shoot are about to wrap up. We just started 5 minutes ago, literally.

「いたいな〜いたいな〜。どうする〜。もうちょっと撮る〜?いける〜?いけるよな、だってもうちょっと頑張ったらエルサのおもちゃ買ってもらえるもんな」とあくまで撮影中心の私。いやでも血が出てなかったから、びっくりしただけやんな(←サイテー)。

I know it hurts…I know…I know…but, but can we  continue? Still wanna get the Elsa toy right? please? (I totally failed as a mother)

She said “YES. I WANT ELSA TOY”. Luckily she didn’t bleed. She got a little scrape on her knee so we were able to resume our business.

hc2016-33

でもやっぱ痛いって。But I guess it still hurts…poor girl….

hc2016-36hc2016-38

私:ハンタ、ちょっと笑わせて。

ハンタ:ブガジャゲベロビー

ななこ:ノー!

Me: Make her laugh. (such a demanding photographer to her own children…)

Son: %$*#(#S^@

Daughter: NO!

hc2016-39

hc2016-41

こんなに綺麗やのに、、、なな子機嫌なおして、、、。

(what a gorgeous sunset… I wish they were happy…)

hc2016-43

と思いきや、突然たががはずれたように、なな子ゲラゲラ笑い始めました。

For some reason, she started cracking up. It was completely out of the blue.

hc2016-45

なになに。なんで?ちょっと怖い。

She didn’t stop…

hc2016-47

まいっか。ハンタ鼻ほじるのやめて。Ok, brother stop picking your nose.

hc2016-51

よっしゃ、ええの何枚か撮れた。Yes. I got good ones.

hc2016-52

 

hc2016-57

 

ここで新しく出来たお友達が、スクーターを貸してくれました(かりんちゃんありがとう)。ふたり上機嫌で遊んで、どうにか撮影終了〜。やれやれ。

We got some new friends here and she lent us her scooter 😉 In the end, it was a fun photo shoot. Whew. Mission accomplished!

 

みなさま素敵なクリスマス、そしてよいお年をお迎えください!!!