Dancing Dreams Recital 18 :ダンシングドリームズと私の出会い

NY在住17年二児の母、アラフォーフォトグラファーのひろこです。

今日はまさかの30度超えいきそうです。なんなん〜この天気。

月曜のブライダルではダウン着ないと寒かったのに。

 

ところで先週の日曜日、障がいのある子どもたちのためのバレエ教室、ダンシングドリームズの春のリサイタルがありました。

私はかれこれ10年、ボランティアとして参加させてもらい、こどもたちの成長を撮影しています。

今年のテーマは「Enchanted Toy Box」。訳すと、「魔法にかけられたオモチャ箱」という感じでしょうか。

L_fb_re-3

L_fb_re-5

L_fb_re-6

L_fb_re-12

L_fb_re-13

L_fb_re-15

L_fb_re-16

L_fb_re-21

L_fb_re-23

おもちゃのコスチュームを着た子どもたちのこぼれんばかりの笑顔、撮りながらいつも涙腺がゆるみ、ウッとなります。

この教室が生まれたきっかけ、、、。

15年前、脳性まひで歩けない4歳の女の子が「バレリーナになりたい。でもどのバレエ教室も私を入れてくれない」と悲しそうに話したのがきっかけで、彼女のリハビリを行っていた理学療法士のジョアンが、このダンシングドリームズを作りました。

 

「それぞれが、できる動きで表現する」をモットーに、障がいのあるダンサーに高校生のボランティアがひとりづつサポートとして付き、ダンスをする。

 

スタート当時のダンサーは5人。

ジョアンの理学療法のリハビリルームの片すみで行われていたレッスンも、今やダンサーが100人を超え、高校生ヘルパーはその1.5倍、教室もクィーンズ地区だけでは足らず、マンハッタンやロングアイラインドにも拡大しました。

 

テレビでも紹介され、ドキュメンタリー映画も制作され、もう、すごいんです。

 

 

え?  どうやって私がダンシングドリームズに出会ったか、ですか?(←誰も聞いてない。爆)

 

セント・ジョーンズ大学で写真学科を専攻しているときのこと。

たまたまテレビの夕方のニュースで、モハメド・アリの娘さんが、ジョアンにダンシングドリームズのインタビューをしているのを見ました。

 

そのとき、純粋に感動して、「撮りたい。うん、撮りたい」。

 

そう思ったからです。

 

(見ず知らずの、どこの馬の骨かも分からない人間に、自分の大切な教室の生徒さんのドキュメンタリーを撮らせる、なんてことは普通しないので、撮影許可をもらうには一年くらいかかりました。そのあたりのお話はまたいつか、、、)

 

 

この10年で出会った親御さん、そして高校生のボランティア、ジョアン、ジョアンをサポートするアシスタントの人々。

ふだん生活をしている中で交わる事のない人たちと交流することは、私にとってもすごく大切な刺激と学びになっています。

Advertisements

Dancing Dreams Recital 2015 – Super Heroes- 障害のある子どものためのバレエ教室

I am a volunteer photographer for Dancing Dreams, physically challenged children’s ballet program in New York.

Big kisses and hugs to Dancing Dreams amazing, courageous dancers!!! I am super lucky to capture their big day! Joann Ferrara, the founder of Dancing Dreams, you are the super woman!

元々は大学時代の卒業制作のドキュメンタリープロジェクトとして撮り始めたダンシングドリームズ。

今年でもう7年!?になりました。

そして先週の日曜はダンシングドリームズの春のリサイタル。

見事大成功でした。

今年のテーマはスーパーヒーロー。

みんなの輝く姿を撮る事ができて感無量。私も一人前の大人ですが、一緒に成長させてもらっています。

Sneakpeak-1

Sneakpeak-2

Sneakpeak-3

Sneakpeak-4

Sneakpeak-5

Sneakpeak-6

Sneakpeak-7

Sneakpeak-8

Sneakpeak-9

Sneakpeak-10

Sneakpeak-11

Sneakpeak-12

Sneakpeak-13

Sneakpeak-14

Sneakpeak-15

Sneakpeak-18

Sneakpeak-21

Sneakpeak-22

Sneakpeak-23

Sneakpeak-24

-Amy Purdy visits Dancing Dreams-

(日本語版は写真の下です)

After I watched the Super Bowl last night, and watching Amy Purdy’s commercial, I just couldn’t help but mention about Amy. (Click to see my old blog post about Amy Purdy)

As I grew up in Japan, I am not into football or the Super Bowl like my hubby (except watching Tom Brady’s sweet face…) but I love to watch the million dollar commercials in between the game. They are just incredible. My favorite one is definitely Toyota’s commercial about the dancer and snowboarder Amy Purdy. You can watch this commercial on Youtube.

When Amy visited Dancing Dreams class in Bayside, she told the little dancers, who are physically challenged girls and boys, about unlimited possibilities. We can transform any kind of difficulties and limitations into gifts we are given. This gift will make you stronger and be more creative and opens up so many doors that you would never have imagined.

I am so blessed to be able to capture the moments between Amy and the Dancing Dreams dancers. I often forget how blessed I am and complain about the little things however I cannot take anything for granted.  I shall stop complaining and not yell at my kids… at least for today.

Amypurdy

アメリカの皆様、昨日の夜のスーパーボールは観ましたか? アメリカ育ちの夫のようにフットボールに思い入れのない私は、試合の間に流れる何億円という制作費をかけて作られたコマーシャルを見るのが何よりも楽しみです。そして、数ヶ月前に、ダンシングドリームズ(障害のある子供達のためのバレエ教室の過去のブログはこちら)のクラスに訪れてくれたエイミーが、トヨタのコマーシャルに出てるのを観た時はめちゃくちゃ嬉しかった〜。そのCMはyoutubeで観られます。

「目の前に現れた困難や不幸は、自分にだけ与えられた贈り物。それはあなたをとても強くするし、想像力を広げてくれて、今まで予想もしなかった事を可能にできる」。自信に満ちて輝いてる(そしてめっさスタイルのいい)エイミーは、そんなアドバイスを子供達にくれました。

元気がない人、あ〜あ何だかなぁ、と感じている人は彼女の素晴らしいスピーチの日本語訳があるので読んでみてください。こちらの「TEDスピーチ」。私も毎日些細な事でイライラしたり愚痴を言ったり子供や夫に当たったり。これを読むと自分がどれだけ恵まれているか、そしてそれに気づかず傲慢に振る舞っているか、とっても反省させられます。今日くらいは文句を言わず、笑顔で過ごそうと思います(今日だけかい、、、)。

Dancing Dreams With the Star – Amy Purdy エイミーパーディご対面

Today’s lesson was very special.

Amy Purdy, who is a 2014 Paralympic Bronze Medalist, world-class snowboarder, actress, motivational speaker, dancer from Dancing with the Stars came to make Dancing Dreams girls and boys dream come true.

Little dancers watched Amy’s video after Miss Little C talked about her role-model, inspiration, and ability.

Soon after they tried some of Amy’s dance moves from Dancing with the Stars, Amy made a surprise appearance.

The class burst into tears of joy and had a blast.

I cannot even explain what Amy has gone through and overcame but Amy is absolutely gorgeous and graceful inside and out.

For more information about Amy, please check out her facebook and twitter 😉  Thank you Amy!

https://www.facebook.com/AmyPurdyGurl

https://twitter.com/AmyPurdyGurl

DDFB10142014-1

DDFB10142014-2

DDFB10142014-3DDFB10142014-4

DDFB10142014-5

DDFB10142014-6

DDFB10142014-7

DDFB10142014-8

DDFB10142014-9

DDFB10142014-10

DDFB10142014-12 DDFB10142014-13

DDFB10142014-11

DDFB10142014-14

DDFB10142014-15

DDFB10142014-16

DDFB10142014-17

DDFB10142014-18

今日のダンシングドリームズのレッスンはどっきりサプライズ付き。

2014年ソチパラリンピック銅メダリストであり、ワールドクラススノーボーダー、女優、ダンサー、そしてモチベーショナルスピーカーと、様々な顔を持つ魅力的な女性、エイミー・パーディさんが来てくれたのです。

彼女の大、大、大ファンであるシーちゃんが、エイミーのどういう所に勇気づけられたかをクラスのみんなに発表した後、彼女を一躍有名にした「ダンシング・ウィズ・ザ・スター」という社交ダンス番組のビデオを鑑賞。

じゃあみんなでエイミーの振り付けを真似しましょう〜と、見よう見まねで踊っていると、、、そこに本物のエイミー登場!

黄色い悲鳴の嵐。感極まって泣く子がいたりと、サプライズ大成功でした。

彼女が乗り越えてきた壮絶な痛みや壁は、私なんかが説明できるものじゃないけれど、エイミーさんは本当に温かい心の持ち主だと思った。

クラスの端っこでコソコソドキドキ写真を撮ってる私にも大きな笑顔でハグしてくれたので〜。笑。

My Thursday has begun 木曜日のボランティア in NY

This quote is from my friend Kathleen, my little sister who I truly respect.


“As a young woman born with severe cerebral palsy, I never would have guessed that dancing was in the cards for me.

However, joining this great group of people was instantly captivating and soon, I embraced the arts in a new capacity ordinarily assumed to be reserved for my non-disabled peers…

Most of us have never walked a step, but every Thursday, we dance, learning about expression beyond a pre-conceived notion of “the perfect body.”

I have been photographing little dancers from Dancing Dreams (dancingdreams.org), physically challenged children’s ballet program since 2008.

The new season has started. There some new boy dancers. woohoo!


まだたった18歳の女子ですが、私の尊敬するお友達、キャサリンの言葉。

『重度の脳性小児麻痺で生まれた私にとって、「ダンスする」という事は全くの想定外。

でも、このバレエ教室の素晴らしい人々の輪に入る事によって私の心はすぐに魅了されました。

障害のない友達に当然のように与えられた普通のコト。

それが私に新しい可能性として受け入れられたのです。私達、ほどんどのダンサーは生まれてから一歩も歩いた事がありません。

でも、毎週木曜日、私たちはダンスをします。世間が一方的に決めた「完璧な体」という概念を超えた、表現力を学ぶために』(翻訳:私)

ダンシングドリームズという、障害のある子供達のためのバレエ教室の撮影を始めてはや6年。

そして先月よりニューシーズン始まりました。

ダンサーの数、多い!そして男の子も数名入ったのよ〜。

何か雰囲気がガラっと変わるねぇ。いい感じです。

 
DD2015_fb-1
DD2015_fb-2
DD2015_fb-3
DD2015_fb-14
DD2015_fb-13
DD2015_fb-12
DD2015_fb-4
DD2015_fb-5
DD2015_fb-11
DD2015_fb-10
DD2015_fb-9
DD2015_fb-8
DD2015_fb-7
DD2015_fb-6